<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Tender Turkey Casserole with Garden Vegetables and Pasta

f0065083_002596.jpg日本も入梅したようですが、ロンドンも雨が降ったりやんだりの鬱陶しいお天気の週末です。あっ、そこのマダム、ティファニー買いません?というわけで、Old Bond Streetにありますティファニーのビルが8000万ポンド(約192億円)で売りに出されておりまして、既に数名の買い手が名乗りをあげているそうですが、その中にTV「The Apprentice」で御馴染みのSir Alan Sugarもいるそうよ。

f0065083_0102224.jpg本当にバブリーなロンドンで一般庶民の生活は大変なのよ。なのに、テスコでこんなゴージャスな犬のご飯をみつけたわ。「ターキーの蒸し焼きに菜園野菜とパスタ」!蓋をあけますれば、そこには角切りのターキーがごろごろ。そしてシェル型パスタと赤ピーマンがソースとともにまったりと絡んでおります。いい香りがするわ。パーッケージに犬の写真が無かったら人間用かと思うかも。ちょっとつまんでみたいような気がするけど我慢。

f0065083_0184088.jpgこの週末、うちに遊びにきている柴犬のココチャンにお味見していただきました。最初はあまり興味をみせなかったココチャンですが、一口食べてから一気食い!お皿をなめなめしながらどこまででも行ってしまいそう。狭い家でよかったわ。「もっとないの?」と催促のまなざしに負けて、おかわりをちょびっとあげたわ。誰が開発したのか知りたいような、犬まっしぐらの一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-25 00:24 | テスコ

Chocolate brownie Cookies amarican style

f0065083_2584388.jpgちょっと曇り気味のロンドンです。昨日、「ジャスティンは大食い」と書きましたが、それはやはりキャメロンの影響だったようよ。試写会のあと、シュレックご一行様はカッツエンバーグの招待で「アトリエ デ ロブション」でお食事。たくさんの人がいたので1階を貸しきった中でのスターはキャメロン。それは3コースとステーキとイチゴタルトとワインをペロリと平らげたからだとか。「チャーリーズ・エンゲル」ですな。

f0065083_35331.jpg私もだんだんキャメロンに負けないくらいの大食いになってきてよ。(姿形は全然似てないけど)そんな私を知ってかしらずか、テスコ様は新製品を次々と送り出してくるの。今回登場はアメリカンスタイルの「チョコレートブラウニークッキー」。ブラウニーってケーキじゃなかったっけ?と思いながらもすぐ健忘。袋から取り出すと、元は大きな一枚のクッキーを適当な大きさに切ったものが8個入っております。いただきます!んっ、これは「チップスアホイ!?」。ふむふむ、ブラウニーというよりチョコチップクッキーですな。おいしいでござる。今日もテスコに一本盗られたぜと思うそつのない一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-20 03:15 | テスコ

Variety Pack Crisps

f0065083_231233.jpgさて今日はイギリスは「父の日」でございます。先週はメディアがこぞって「父の日のギフト特集」を組んでおりましたが、その中で私の目にとまったのは「Brews The Daddy Tea」っていう紅茶。Brewhahaというスコットランドのメーカーからでております。そして、Krispy Kremeファンの皆様必食はHarrods限定販売の「Cinnamon Bun」と「Harrods Dream cake」。後者の「Dream cake」が特に話題になっておりまして、こちらはフィリングにファッジ、トップはホワイトチョコレートでHarrodsと書かれているそうですが、まだ写真はでておりませんのよ。なんでもイギリスで最初に「Krisps Kreme」のドーナッツを販売したのがハロッズだったそう。

f0065083_23322499.jpgさて、わたくしの方はTescoの「Crispy」でございます。6袋入りのバラエティパックをゲットしてみました。「オレイン酸たっぷりで、飽和脂肪は75%も少ないのよ」を謳い文句に「塩・ソルト&ビネガー・チーズ&オニオン」の3種類のフレーバーが各2袋づつパックされております。まずは大好きなソルト&ビネガーからいただきます!パリパリ、まいうー!一気食いしました。お次は塩味、これは日本でもスタンダードね。最後はチーズ&オニオン。オニオン味が思ったより強くて、ゲップがでると辛いかも。いやいや、どれもおいしゅうございました。これで0カロリーだったら文句のつけようがないと思うお約束の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-17 23:44 | テスコ

Sun dried tomato & balsamic vinegar

f0065083_4131884.jpg今朝は蒸し暑くって雨になるかと思ったけれど、結局、スパーっと晴れております。昨夜はレスタースクエアで「シュレック3」のプレミアがありましたのよ。キャメロン・ディアズとマイク・マイヤーズが来るのは新聞で読んで知ってたけど、なんとアントニオ・バンデラス、ルパート・エバレットにジャスティン・ティンバーレークも来てたんだと。

f0065083_4265246.jpg一度にこんなにたくさんのセレブが見られるなら行けば良かったかも。キャメロンとジャスティンはハグハグしたようだけど、プレミア後は別行動で、ジャスティンはマドンナ&ガイ・リッチー夫妻と「Locanda Locatelli 」っていうレストランに行ったそう。ちなみにジャスティンは、プレミアの前にNOBUにも行ってたらしい。大食いって、いいわねー!そんな私は6月14日の「Hard Rock Cafe」のオープン36周年記念、開店当時のプライスキャンペーンに行こうか思案中。サンドイッチが60pですのよ!

f0065083_4323932.jpgそうよ、質素な生活なのよ。今回登場もセインズベリーで「Reduced to clear」なっていた値段は忘れたけど、多分50pくらいだった「ドライトマトとバルサミコ酢」のパスタソースざんす!トマトソースといえば茄子だす。こっちの茄子って日本の米茄子みたいに大きいわ。オリーブオイルで茄子とトマトをいためていい具合にしんなりしたらこのソースをぶっちゃけます。オーッとその前にちょっと味見をしたら「Ragu」のパスタソースに激似!ちょい心配しながら、しばらく炒めて茄子にからませたなら、ペンネ様にかけて差し上げます。いただきます!おっ、おいしーーーっ!!茄子とトマトはゴールデンカッポーね!そこにチーズなんかかけるとゴールデントリポーッ!たまりません!!味見した時の不安など吹き飛ばす、見直したぜセインズベリーな一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-13 04:45 | セインズベリー

Caramel & Hazelnut Ice by The National Trust

f0065083_41403.jpgみなさま、いかがお過ごしでしょうか?今日はとっても天気が良くて気持ちのいいロンドンです。昨夜は、遂にオープンした「ウィンブリースタジアム」で音楽アーティスト初となるジョージ・マイケルのコンサートが行なわれて盛況だった模様。TVで「ジョージのウィンブリーまでの道」のような番組を昨夜放送していたのですが、フレディ・マーキュリーとかぶるわ。しかも、昨夜の衣装が警察官のユニフォーム。なんでゲイっておまわりさんの格好が好きなんでしょうか?

f0065083_4123559.jpg今夜もコンサートが行なわれておりますが、私は郊外へと足を伸ばして参りました。ケントにある「シシングハースト」という「これぞイングリッシュガーデン」というマナーハウスへレッツゴー!以前に訪れてからナンバーワンに好きなところでございます。今日はお天気に恵まれたせいか、たくさん観光客がきていて日本人ファミリーも3,4組お見かけしましたわ。ヨーロッパやアメリカからの観光客もちらほら。バラの花が色とりどりに咲いていて特に綺麗でございました。


f0065083_484191.jpgさて、一通り見学して、芝生でお昼寝もしますれば、暑さで少々バテ気味でございます。なにか冷たいものを求めて売店へ吸い込まれますと、そこには「The National Trust」特製のアイスクリームが5種類ほど売られておりました。(このシシングハーストはナショナルトラストが管理しております)みなさん購入していたわ。じゃ、私もってんで、「ダッチ チョコレート味」と迷った挙句に「キャラメル&ヘーゼルナッツ味」に決定。「ダブルクリーム」と書いてあるけど思ったよりあっさりめの、なんとなくメープルシロップの味がするこのアイスはサフォーク産。イギリス中のナショナルトラストで売られていると思うけど、今日はケントでごちそう様の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-11 04:27 | その他小売店

Wagon Wheels Jammie

f0065083_17224.jpg相変わらず気温差の激しいロンドン。ところで皆様、ロンドンオリンピックのロゴはご覧になりましたでしょうか?

f0065083_113876.jpgまだの方、心の準備はよろしいですか?こちらがそれです!ダーッサーーーッ!あまりのダサさに世間はびっくり。しかも、このロゴマークのお値段が£400,000(約9千万円)でして、ロンドン市長のケン・リビングストンは「デザインコンサルタントのWolff Olinsには1ペニーも払いたくない」と宣言。インターネット上でも「ロゴの変更キャンペーン」がすでに始まっておりまして、新しいロゴコンテストも行なわれております


f0065083_1262785.jpgさて、私も個人的に驚くことが最近ございましたの。それは、こちらの「ワゴンホイールズ」というチョコレート菓子。日本からのおみやげに貰った「チョコパイ」をイギリス人にお裾分けしたところ、「イギリスにも良く似たお菓子がある」と紹介されたのがこれ。早速、いただきます。まずっ、まずっ、まずっ、まっずーーーーーーーーいっ!!!チョコパイより薄めな外観はまずまずでしたが、2つに割ると中にはマシュマロとジャムがサンド。嫌な予感。口に近づけるとさらに嫌なにおい。なんかボンドみたいよ。そしてほおばると、クッキー部分がもう全然いけてない!!マシュマロは申し訳程度に味がしますが、ボンド風のにおいをかもし出しているのはジャムのようです。紹介してくれたイギリス人に感想を述べたところ「あんなまずいお菓子はない」とのお言葉。それをさきに言ってとしんから思った驚愕の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-08 01:36 | テスコ

Roast beef & Rockett baguette @ Bayley&Sage

f0065083_3193673.jpg今日はちょっと涼しいロンドンです。この気温差に体がついていきませんわ。ついていけないといえばパリス・ヒルトン。ついに刑務所いきなようですけど耐えられるんでしょうか?パリスのようなご令嬢なら楽々買えると思われるロンドンの異常な不動産の値上がりにもついていけませんわ。そんな折も折、高級住宅街で知られるウィンブルドンに行ってまいりました。


f0065083_333510.jpgさらにウィンブルドンでも高級なVillegeへレッツゴー!この辺って日本人の駐在員のご家族が多く住まれているんですよね。羨ましいっ!!小洒落たお店が連なるなか(Tesco Expressもあった)で目に付いたのがこのデリカテッセン「Baley&Sage」。


f0065083_3403838.jpg中に足を踏み入れますれば、そこにはつやつやした野菜や果物がズラーっと並び、その先にはオーガニックの卵に、ジャム、オリーブオイルに、サーモン、キッパー、パテ、乳製品、ケーキに、おおーっと、「Maxim’s de Paris」のクッキーなども取り揃えてるじゃあ~りませんか!パスタ、ワインは勿論、お煎餅もある!そしてショーケースにはヨダレもののハム、チーズ、お惣菜が色とりどりに並べられております。あれもこれもと欲しくなるけど、このあと用事があったので、とにかく腹ごしらえにとローストビーフとロケットのバゲットサンドをゲット。いただきます!うーん、ディジョンマスタードと思われる辛味と酸味がバゲットによくしみ込んでおります。ローストビーフは淡白ですが、その分、ロケットのちょっくら苦味が引き立ちます。マイウー!お腹一杯になったわ。すっごく立ち去りがたかったわ。ここで買い物するためにウィンブルドンに住みたいと思わせるゴージャスな一店。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-05 03:52 | その他小売店

Williamson Traditional English Tea

f0065083_20181267.jpg先週末の3連休は雨の上に寒くて冬に逆もどりだったのに、今日はうってかわって快晴のロンドンです。夏って感じで気持ちいいですわ。ここのところ日も凄く長くて夜の10時過ぎに日没です。さて、昨日はアートな話題が3つ新聞にでておりました。まず最初はDamien Hirstの”5000万ポンド(約110億円)のダイアモンド製頭蓋骨”が公開されて話題を呼んでおります。"For The Love Of God'と名づけられたのはマヤとインカ帝国の文化に影響されたからだとか。大英博物館から展示のオファーがきているそう。誰がお買いになるのかしら?と思っていたら、金融街のCityではヘッジファンドによる「Art Investment」がお盛んだそうだそうでかなりの利益を上げている模様。私もこの人の絵なら1枚欲しいは、無理だけどと思う「サルバドール・ダリのエキシビションがTate Modernではじまりまして、こちらは9月9日まで。


f0065083_204972.jpg絵なんて高価でなかな買えないのが現実よね。せいぜいポスターか、ちょっとしたものしか買えません。というわけでもないけど、本日登場はちょっと変わった缶入り紅茶でございます。しかもパオパオ、「像」さんの形をしております。額に「Tea」という文字が凛々しいこの像缶はWilliamsonというメーカーのもの。あんまり馴染みはないけれど、「ツウ向け」の紅茶として日本でも人気があるらしいわ。お味にパンチがあるのが特徴よ。本当は缶の中味もドヒャーっとお見せしたいけれど、今回はお誕生日のプレゼント用として購入したので残念ながら開けられませんの。その代わりに「お尻」は見せちゃうわ。結構ゴージャスでしょ?これはTraditonal Englishだけど、他にもDarjeelingやEarl Greyも色ちがいであってちょっと揃えたいかも。一缶8ポンドでプレゼントにいいかもしれないぞーの一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-02 21:01 | その他小売店