<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

L'Atelier du Robuchon

f0065083_0173183.jpg日本はGWに突入ね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?ロンドンはいいお天気が続いていて、よく考えてみたら雨らしい雨が降っていないので、また水不足って騒ぐのではないかと思われます。思われるといえば、来週あたりに、ロンドンのレストランランキングが発表されるようよ。巷では「NOBU」が1位をとるのでは?などと噂されております。信じられないでしょうけど、世界で一番いいレストランが集まっているのはロンドンなのよ。それというのも好景気なので世界中からビジネスマン等が集まってくるのね。最近は金融関係のフランス人がかなりCityに「出稼ぎ」にやってきているらしいわ。

f0065083_0255750.jpgそして、レストランでは去年上陸して話題を呼んだ Joel Robuchon の「L'Atelier du Robuchon 」に行って参りました。実は行ったのが2ヶ月ほど前なので記憶が曖昧ミーざんす。土曜日のランチタイムに行ったら、なんと客は私達だけ!貸切はよかったけど、なにせ調理場の真ん前の席だったんで、あまり騒げなかったわ。(ウィークデイは満席だそう)赤を基調とした店内には酢漬けと思われるレッドペッパーの瓶詰めなどの食材がふんだんに飾られております。

f0065083_0522983.jpg日本のお寿司屋さんの店創りがヒントになったとかで、たしかにカウンター席に座るとそんな雰囲気を感じます。東京店が成功したのでNY,パリ、ロンドンと支店を展開しているそうよ。そのせいか、日本人のお客さんも多いらしく、私が「写真をとってもいい?」と訊くと、「日本人のお客さんはみんな撮っていくわ」と若い頃のマドンナ似のお姉さんが笑っておりました。

f0065083_0591465.jpgさてまずは前菜。温泉卵をコンソメスープに沈ませたような一品が2番目の写真。パセリが物凄くきいております。おいしい!! 上から撮っちゃったんでよくわからないですけど、チョコレートパフェみたいに色が分かれていて綺麗だったわ。そしてスモークサーモン。スコットランド産だっけかな?ほどよい塩味と、「ふぐ刺し」のような盛り付けが泣かせます。右は「スカンピの唐揚げ」でございます。餃子の皮のようなものでくるんでありました。ちなみに「モエエシャンドンのロゼ」を飲んでおりましたの。サイコー!

f0065083_17484.jpgそしてまだ前菜は続いておりまして、「トマトとバジルのスパゲッティ」。チーズがささっております。濃厚なトマトソースが舌に絡まりついてたまりません。この味は家庭ではだせないわね。どうやって作っているのかしらと、若いフランス人の3人のシェフの動きを見ておりましたが、わからなかったわ。っていうか、誰が何を作っているのかさえわからなかったのはなぜ?それはマドンナ姉さんがかぶってたからよ。


f0065083_1125254.jpgここですでに胃が苦しくなっている私の前にドーンと現われたのは、牛肉の塊。「どこにします?」と訊かれて、どう答えていいのかわからなかったんで、とりあえず手前を指さしてみました。これ200g!大丈夫なんでしょうか?調理場の鉄板の上でお肉を焼く光景はちょっと「べにはな」な感じ。焼きあがったお肉は見るからにジューシーざんす!いただきます。ううっ、おいしいっ!!!神戸牛とか松坂牛チックなお味に思わず「日本産和牛?」と訊くと「スコッチビーフ」とのこと。おおっ、あなどれないスコットランド!


f0065083_133739.jpg食べられるかしら?などと心配したけど、結局、苦しい胃のことは無視して、このいやしい口がパクパクと食べてしまいましたわ。今までイギリスで食べた牛肉のなかで一番おいしかったなぁー。さらに付け合せに運ばれてきた「ジャガイモのロースト」も半分は食べてしまったわ。にんにくが1片仕込んでありまして、これが香ばしい上にバターとローズマリーの風味もあいまっておいしいったらありゃしないっっーー!


f0065083_1375186.jpgこちらは一緒に行った方のメインざんす。なんていう魚かわすれましたが、白身でおいしそうであった。火を通してないお顔が「おこぜ」っぽくって怒っております。(でも、この「お頭付き」ってイギリス人は駄目だろうな。魚はフィレじゃないと食べないのよね。)背中に包丁を入れてあってパカッと割れているところは、なんか「割烹」っぽいわ。そして、これについてきたマッシュポテトが絶品!クリーミーもクリーミーでとろけましてよ。チーズも入っているみたいで味も抜群。マドンナ姉さんも「これおいしいでしょ?ヘイヘイヘイ♪」と自慢げであった。


f0065083_1441792.jpg苦しいといいつつ、デザートに突入。チョコムースだったっけかな?といい加減で失礼します。なんか盛り付けが可愛らしいのよね。おフランスって感じだわ。お皿にのっている「金の玉」もチョコレートで食べられます。なんか上にのってるチョコの円盤を壊すのがもったいないけど、一口食べるとあとはかまわずバリバリいってしまうのはなぜ?それはおいしいからよ!この濃厚だけど、しつこくないチョコのコクはどうやったらでるのかしら?これも完食。


f0065083_1511436.jpgこれがもう1つのデザートでコーヒー系ですね。お皿の上のコーヒー豆は本物だけどかじると苦いかも。さらにコーヒーと紅茶を頼むと、またもやチョコとトフィーがついてきましたわ。料理のプレゼンテーションもさることながら、食事中のちょっとしたアトラクションも楽しみ。手を洗うためにだされる謎のお水と小さな白い物体。この白い物体を水の中に入れるとパーっと開いておしぼりになるのであった。堪能。参りました。さすがロブション!おタイユバンにも行きたいっ!食後に上の階のバーとレストランを案内してもらったけど、レストランは白黒基調、バーは暖炉があってくつろげる感じ。一つのビルの中でいろんなロブションが楽しめるようになっていてよ。お値段はかなりしたけど、味は勿論サービスも感じがよくって、大満足の一店。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-30 02:06 | 外食

トンカツ弁当 by なおちゃん亭

f0065083_3253448.jpg祝 テスコ エクスプレス開店!いやー、ついにオープンしたんですね。どんな商品展開になるのか楽しみです。(harryさん、貴重な情報ありがとうございました!)さて、ヒュー・グラントがパパラッチに暴力を振るって逮捕されたというので、記事を確認すると、「俺を誰だか知ってるか?俺は億万長者なんだぜっ!」と大声でわめいたうえに、缶詰から移し変えたと思われる「ベイクドビーンズ入りのタッパ」を投げつけたところが貧乏臭い気がしますわ。

日本人にとってタッパに入っているといえば「お弁当」。ここロンドンでもお弁当を配達してくれるお店がありますのよ。会社で贔屓にしているのは「なおちゃん亭」。地下鉄に乗って配達してくれるお弁当は1個£6だけど、物価の高いロンドンでこの価格でこのボリュームは破格。今日は「トンカツ弁当」をいただきました。やわらかいお肉がジューシー。甘い玉子焼きが泣かせます。駐在員、ローカル社員を問わず虜にさせる懐かしの日本の味の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-27 03:40 | その他小売店

Tesco Yogurt

f0065083_2343442.jpg今日もいいお天気で気温が上がっています。ロンドンマラソン開催中ですが、ちょっと気温が高すぎてランナーの方たちは大変かもしれません。そして、こんな大事な日にマラソンコースのテムズ南岸のグリニッジから北岸のカナリーワァルフを繋ぐDLR(モノレール)が故障しておりまして、マラソン観戦者が移動できず大混乱を起こしております。こんなことでオリンピックは大丈夫なんでしょうか?
f0065083_23115447.jpg
そんななか、為替レートが£1ポンド=$2を突破いたしましてインフレが始まっておりますイギリスの物価はどこまであがっていくのでしょうか?そして絶好調テスコは買収劇でもたつくセインズベリー(只今ASDAが参戦中)を尻目に「1分間の収益が£5000(約110万円)」という記録を樹立しております。日本でのコンビ二展開はどうなるのでしょうか?(そんなに儲けているのに、私の大好きなパンが88pから95pに値上がりしていて大ショックでございます)
f0065083_23315362.jpgなにをやってもうまくいってしまうテスコのヨーグルトもいろんなラインアップがあってよ。まずは、Fat Freeの「ルバーブ」と「レモンチーズケーキ」味。ルバーブはちょっと甘いかな?レモンチーズケーキは酸っぱめで、日本の「レアクリームチーズケーキ」に近い味。そして、Low Fatの「Hazelnuts」味は、意外な組み合わせと思うけど、おいしい!これ、気に入ったわ。じゃ、同じへーゼルナッツで高級版の「Finest」はというと、濃いわー、これ。パッケージを見ると「Channel Island creamをブレンド」と書いてある。日本ではあまりないフレーバーと脂肪分別に27p、15p、55pとお値段もバラエティにとんだ商品構成にテスコの意気込みを感じる一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-22 23:44 | テスコ

Busaba Eathai Revisited

f0065083_42427.jpg「William」って書いてくれないと「Kate」だと「Kate Moss」かと思うのよね、新聞の見出し。どうも本当に別れたらしいわ。原因は、ウィリアムに新しい「ジョカノ」ができたっていう噂よ。やっぱケイトは働かないから駄目なのよね。まっ、どちらにしても二人ともまだ24,5。これからたくさん出会いがあるわね。

出会いといえば「Busaba」様。わたくし、10日の間に3回も通ってしまいましたの。2回目は仕事帰りに、初回と同じ「Phad Thai Jay」という米麺炒め、3回目はまたもや「ビアン」のお友達と「Geng gari gari」っていうチキンカレーを食べに行きました。あと、友達お勧めの「イカフライ」。(写真中央)。これは珍しく日本の「イカステーキ」のような分厚いイカを使っていて美味。料理名をカタカナで書きたいけど「カップンコー」なみに難しい発音なのでパスさせて。

カレーにはココナッツライスを合わせたわ。竹筒に入れてきてくれて、いい感じなんだけど、友達が「この香り苦手なの」というので、蓋をして遠くにやったので写真には写ってませんのよ。この友達、私がトイレに行って戻ってくると、窓に向かって凄い笑顔を投げかけていいるので、そちらに視線をうつしたら「ブッチカップル」がいたわ。私の目を盗んで愛想を振りまくのはやめて!

カレーはチキンが柔らかくってマイウー。思ってたより辛かったのでダイエットコークを一気飲みしたけど、それもまたうまし。そうそう、やっぱここ「ゲイの溜まり場」みたいで、東洋系のウエイターさんもゲイだったわ!お料理を運んできてくれたジャーマン風の金髪の美男子はどうなんだろう?気になるわ。ちなみにウエイトレスさんたちはストレートみたい。職場恋愛は無理かもね。

さて、この「Busaba」って誰がオーナーなんだろうと思って調べてみたら、なんとAlan Yau!「Hakkasan」や「Yauatcha」のオーナーで、「Wagamama」もこの人がてがけたんだけど、かなり前に売却したそうな。

なんでもこの「Busaba」を始めるにあたって、David Thompsonっていうタイ料理の大家をメニュー開発のコンサルタントに迎えたらしい。そして、インテリアはパリのマーク・ジェイコブスのお店にも使われているChristian Laigreっていうフランス人家具デザイナーのものらしい。

だから、おいしくって居心地がいいわけだ。実は来週も行く予定にしている私は「ブサ中」?しばらく通いつめそうな予感がするときめきの一店。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-17 04:33 | 外食

Sejuice in Brighton

f0065083_23531371.jpg暑いわー、夏だわー。すでに夏を感じさせる、物凄くよく晴れた週末のイギリスです。先週も「ウィリアム王子とケイティの別離」(カムフラージュだと思うけど)、「マドンナ、マラウイ訪問の目的は女の養子探し」、「Ryanair,7ポンドでアメリカ便運航」、「すっぴんのケイト・モスはただのおばさん」、「競馬のGrand Nationalに対抗して羊レースinDevon」(毛を刈られて身軽になった羊が、ぬいぐるみの羊ジョッキーを背中に乗せて疾走)などとニュースが盛りだくさんでありました。ちなみに私は「Live Earth Concert London」のチケットを申しこんだけど抽選なのでどうなるか?結果は18日発表でドキドキ。

f0065083_074311.jpgさて、あまりの好天気に誘われて、私もビーチ、それもブライトンにレッツゴー!ブライトンって「ゲイの街」だけあって、海だけじゃなくて小洒落たお店がたくさんあって素敵。強いていうなら神戸や横浜の感じでしょうかね。まずはビーチでピクニック。ここのビーチは砂じゃなくて小石状なので裸足で歩くと「ツボ刺激」が強すぎて涙がでてよ。!日光浴客は一杯だけど、海水が冷たすぎて泳いでいる人は少なめ。がしかし、暑い!日射病になりそうだわっ!というわけで小1時間でビーチは退散。街へ繰り出すと、どこかで見たお店の看板が。あっ、「Risking it all」っていう起業番組でやってた「Sejuice」っていうスムージ屋さんだわ。じゃ、ちょっと味見を。メニューに「Japanese Slipper 」なるものを発見。「草履」のことでしょうか?よくわからないけど、トライするわ。「Pineapple, mango & lime with orange juice &frozen yoghurt 」を目の前でブレンド。いただきます!オレンジの味が前面にでております。なかなかおいしいでごわすわ。思ってたより薄い感じだけど、このくらいのほうが飲みやすいかも。底にあんこが入ってるともっとおいしいかもとか想像するのも楽しい一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-16 00:24 | 外食

kellogg's Special K red Berries

f0065083_5164031.jpgイースターホリデーも残すところあと1日。それにしても驚くほどいいお天気が続いております。というわけで、明日は近所の公園に友達とピクニックに行ってきますわ。がしかし、ここのところ「はちきれ病」におかされていて、苦しくて気持ち悪くなるまで食べてしまう私は、そろそろ食べ物を控えなくっちゃ。あっ、そういえば、ドナテラ・ベルサーチの娘が拒食症で、ついに体重が30Kgを割って死に掛けてるんですよね。ドナテラは元コカイン中毒だし、ジャンニは耳の癌で苦しんだ上に殺されてしまったしベルサーチ家はなんだか悲劇の一族になりそうだわ。苦しんでいるといえば、「アイボリーコーストの子供達はカカオ栽培のために奴隷のように酷使われているので、あなたがチョコレートを食べる時はそのことを思い出して欲しい」と暗に不買運動を訴えるようなキャンペーンが行なわれているようですが、それよりバンバンチョコレートを食べて彼らのを収入を増やした方がいいのでは?

f0065083_5303935.jpgでも、太るわね。そんな私は、やっぱ「Special K」を食べるのがいいかもしれないと思って「red berries」バージョンをゲット!封を開けますれば、フリーズドライ状のラズベリーと苺に、なぜかチェリーがドバッと出てまいりました。これに冷たい牛乳をかけてズルズルっといただきますと、お口さっぱり、お腹一杯でござります。あっ、Vegan(卵や乳製品も食べないベジタリアン)の知り合いで主食が「ケロッグのライスクリスピーの豆乳がけ」っていう人がいるんですけど、それってただの偏食じゃないの?でも、「ケロッグにはビタミンやミネラルが入ってるからヘルシーなのよね」と、妙に説き伏せらてしまう魔性の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-09 05:50 | テスコ

Easter choco eggs

f0065083_542344.jpgYeah!今夕からイースターホリデーに突入で明日から4連休でございます!祝日が少ないイギリスでは、こんな連休は貴重だわ。というわけで、私は仕事帰りにまた、「Busada」↓にいってしまいましたが、街はパブは人が一杯であった。今夜は騒ぐんだろうなぁ。

f0065083_5481699.jpgというわけで、今回はお約束の「チョコエッグ」です。Tescoで、なんと破格の「3 for £3」なのでついゲット。でもお友達にプレゼントしましてよ。でも、1箱「Terry’s」のオレンジのは開けちゃったわ。卵の方はまだ飾ってるけど、小さいのは一気食いね。いつものオレンジ味に多少、他のフレーバーも混じってたようだけど、根本的にオレンジ味でございました。卵は割るのがなんだか惜しいわ。「鏡餅」みたいなものかしら?と、なんだかんだいいながらも買ってしまう魅惑の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-06 05:55 | テスコ

Busada Eathai

f0065083_2353623.jpg早いものでもう4月。日本は桜が満開だそうですが、皆様お花見にはいかれたでしょうか?こちらもイースターホリデー前とあって、心なしかウキウキした雰囲気が漂っております。そして、先週はなんだか「ゲイ漬け」の1週間だったわ。まずはエルトン・ジョンの「60歳記念バースデイコンサートinマジソンスクエアガーデン」をTVで観賞。エイズ基金のチャリティも兼ねているということでセレブが一杯。そして「このおっさん見たことあるな」と思ったのは「太って刈り上げたK・D ラング」であった。

f0065083_2318380.jpgそれにひきかえエルトンの「おばさんぶり」は堂に入ってたわ。なんか「おすぎとピーコ」に紛れててもわからない感じ。コンサート自体は盛り上がってたし、エルトンはパワフルでよかったわ。そして、只今ナショナルフィルムシアターでは「Lesbian&Gay Film Festival」が催されておりまして、友達のイギリス人レズビアンが「誰も一緒に行ってくれないのよ!ついきーーーって!!!」というので、昨日おともして参りました。その前に腹ごしらえというので、彼女ご推薦のタイレストラン「Busada Eathai」にレッツゴー!


f0065083_23401226.jpgここ前から一度きたかっんだけど、いつも行列してるから諦めてたのよね。今日は空いててラッキー!オーダーは彼女お勧めのヌードル。(名前なんだっけ?どちらにしても発音できなかったわ)米粉でできたきし麺のような麺と野菜を甘酢のタレで絡めてあってマイウー!!生の「もやし」のしゃきしゃき感もよござんす。量が多いので食べきれないかもと思ったけど一気に完食。ちょっと席をはずして戻ってくると、友達が同じテーブルの女性3人組みと楽しそうに喋っている。そして気がついたわ、この人達「レズビアン」だわさ。なんでも「ドリー・パートン」のコンサートが素晴らしかったという話題で盛り上がっていたらしい。そうなのよ、知らなかったけど、ドリー・パートンって「ゲイのアイドル」なんですって!!!イギリスの人気コメディアン「グレハム・ノートン」など彼女の特番まで作ったそう。そして、コンサートでは私の友人と同じ列に座ってたのだとか。オフレコだけど、彼女達がいうには「ドリー・パートンもレズビアンかもしれない」らしい。その後、Ellen DeGeneresとPortia de Rossi(「アリーマイラブ」)の劇的ななれそめについても熱く語ってくれたわ。

そして、フェスティバル会場に着くと、彼女の知り合いの映画監督とご挨拶。背が高くて綺麗でモデルのような黒人女性だったけど、愛想はいいものの私のことを見たのは1秒。なんでも「一緒に行く友人はストレート」と先に伝えていたのだとか。ひどいじゃあ~りませんか!でも、二人は結構熱い視線だったわ。

それにしても、刈り上げでスーツに身を包んだ「おなべ」が一杯。右にチーター、左に橋本聖子って感じね。どっちかっていうとボーイッシュなタイプの方が多くて、そこにごくたまに綺麗な女性がいるかんじ。アジア人はすくなかったわ。多分、この中でストレートのアジア人は私だけだったんじゃなかろうか。実のところ「可愛い男のゲイ」目当てでいった私はがっくし。そんな人は1人もいないじゃないのーーーーっ!すけべ心が粉々に崩れたわ。

映画のほうは硬派のドキュメンタリーでなかなかよろしゅうございましたが、友人の「元カノ」が4列前に新しい彼女と座っているのに気がついたときは逃げ出したかったわ。

「Busada Eathai」は味にうるさいゲイが好きなレストランだけあっておいしかったわ。そして、カンティーンスタイルの気取らない雰囲気と、お値段も一皿6ポンドくらいからでお手頃のお勧めの一店。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-02 00:02 | 外食