カテゴリ:その他小売店( 25 )

Caramel & Hazelnut Ice by The National Trust

f0065083_41403.jpgみなさま、いかがお過ごしでしょうか?今日はとっても天気が良くて気持ちのいいロンドンです。昨夜は、遂にオープンした「ウィンブリースタジアム」で音楽アーティスト初となるジョージ・マイケルのコンサートが行なわれて盛況だった模様。TVで「ジョージのウィンブリーまでの道」のような番組を昨夜放送していたのですが、フレディ・マーキュリーとかぶるわ。しかも、昨夜の衣装が警察官のユニフォーム。なんでゲイっておまわりさんの格好が好きなんでしょうか?

f0065083_4123559.jpg今夜もコンサートが行なわれておりますが、私は郊外へと足を伸ばして参りました。ケントにある「シシングハースト」という「これぞイングリッシュガーデン」というマナーハウスへレッツゴー!以前に訪れてからナンバーワンに好きなところでございます。今日はお天気に恵まれたせいか、たくさん観光客がきていて日本人ファミリーも3,4組お見かけしましたわ。ヨーロッパやアメリカからの観光客もちらほら。バラの花が色とりどりに咲いていて特に綺麗でございました。


f0065083_484191.jpgさて、一通り見学して、芝生でお昼寝もしますれば、暑さで少々バテ気味でございます。なにか冷たいものを求めて売店へ吸い込まれますと、そこには「The National Trust」特製のアイスクリームが5種類ほど売られておりました。(このシシングハーストはナショナルトラストが管理しております)みなさん購入していたわ。じゃ、私もってんで、「ダッチ チョコレート味」と迷った挙句に「キャラメル&ヘーゼルナッツ味」に決定。「ダブルクリーム」と書いてあるけど思ったよりあっさりめの、なんとなくメープルシロップの味がするこのアイスはサフォーク産。イギリス中のナショナルトラストで売られていると思うけど、今日はケントでごちそう様の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-11 04:27 | その他小売店

Roast beef & Rockett baguette @ Bayley&Sage

f0065083_3193673.jpg今日はちょっと涼しいロンドンです。この気温差に体がついていきませんわ。ついていけないといえばパリス・ヒルトン。ついに刑務所いきなようですけど耐えられるんでしょうか?パリスのようなご令嬢なら楽々買えると思われるロンドンの異常な不動産の値上がりにもついていけませんわ。そんな折も折、高級住宅街で知られるウィンブルドンに行ってまいりました。


f0065083_333510.jpgさらにウィンブルドンでも高級なVillegeへレッツゴー!この辺って日本人の駐在員のご家族が多く住まれているんですよね。羨ましいっ!!小洒落たお店が連なるなか(Tesco Expressもあった)で目に付いたのがこのデリカテッセン「Baley&Sage」。


f0065083_3403838.jpg中に足を踏み入れますれば、そこにはつやつやした野菜や果物がズラーっと並び、その先にはオーガニックの卵に、ジャム、オリーブオイルに、サーモン、キッパー、パテ、乳製品、ケーキに、おおーっと、「Maxim’s de Paris」のクッキーなども取り揃えてるじゃあ~りませんか!パスタ、ワインは勿論、お煎餅もある!そしてショーケースにはヨダレもののハム、チーズ、お惣菜が色とりどりに並べられております。あれもこれもと欲しくなるけど、このあと用事があったので、とにかく腹ごしらえにとローストビーフとロケットのバゲットサンドをゲット。いただきます!うーん、ディジョンマスタードと思われる辛味と酸味がバゲットによくしみ込んでおります。ローストビーフは淡白ですが、その分、ロケットのちょっくら苦味が引き立ちます。マイウー!お腹一杯になったわ。すっごく立ち去りがたかったわ。ここで買い物するためにウィンブルドンに住みたいと思わせるゴージャスな一店。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-05 03:52 | その他小売店

Williamson Traditional English Tea

f0065083_20181267.jpg先週末の3連休は雨の上に寒くて冬に逆もどりだったのに、今日はうってかわって快晴のロンドンです。夏って感じで気持ちいいですわ。ここのところ日も凄く長くて夜の10時過ぎに日没です。さて、昨日はアートな話題が3つ新聞にでておりました。まず最初はDamien Hirstの”5000万ポンド(約110億円)のダイアモンド製頭蓋骨”が公開されて話題を呼んでおります。"For The Love Of God'と名づけられたのはマヤとインカ帝国の文化に影響されたからだとか。大英博物館から展示のオファーがきているそう。誰がお買いになるのかしら?と思っていたら、金融街のCityではヘッジファンドによる「Art Investment」がお盛んだそうだそうでかなりの利益を上げている模様。私もこの人の絵なら1枚欲しいは、無理だけどと思う「サルバドール・ダリのエキシビションがTate Modernではじまりまして、こちらは9月9日まで。


f0065083_204972.jpg絵なんて高価でなかな買えないのが現実よね。せいぜいポスターか、ちょっとしたものしか買えません。というわけでもないけど、本日登場はちょっと変わった缶入り紅茶でございます。しかもパオパオ、「像」さんの形をしております。額に「Tea」という文字が凛々しいこの像缶はWilliamsonというメーカーのもの。あんまり馴染みはないけれど、「ツウ向け」の紅茶として日本でも人気があるらしいわ。お味にパンチがあるのが特徴よ。本当は缶の中味もドヒャーっとお見せしたいけれど、今回はお誕生日のプレゼント用として購入したので残念ながら開けられませんの。その代わりに「お尻」は見せちゃうわ。結構ゴージャスでしょ?これはTraditonal Englishだけど、他にもDarjeelingやEarl Greyも色ちがいであってちょっと揃えたいかも。一缶8ポンドでプレゼントにいいかもしれないぞーの一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-06-02 21:01 | その他小売店

トンカツ弁当 by なおちゃん亭

f0065083_3253448.jpg祝 テスコ エクスプレス開店!いやー、ついにオープンしたんですね。どんな商品展開になるのか楽しみです。(harryさん、貴重な情報ありがとうございました!)さて、ヒュー・グラントがパパラッチに暴力を振るって逮捕されたというので、記事を確認すると、「俺を誰だか知ってるか?俺は億万長者なんだぜっ!」と大声でわめいたうえに、缶詰から移し変えたと思われる「ベイクドビーンズ入りのタッパ」を投げつけたところが貧乏臭い気がしますわ。

日本人にとってタッパに入っているといえば「お弁当」。ここロンドンでもお弁当を配達してくれるお店がありますのよ。会社で贔屓にしているのは「なおちゃん亭」。地下鉄に乗って配達してくれるお弁当は1個£6だけど、物価の高いロンドンでこの価格でこのボリュームは破格。今日は「トンカツ弁当」をいただきました。やわらかいお肉がジューシー。甘い玉子焼きが泣かせます。駐在員、ローカル社員を問わず虜にさせる懐かしの日本の味の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-04-27 03:40 | その他小売店

Shapers Barbecue chicken

f0065083_20174222.jpg春になると何かと催し物も増えてくるロンドン。只今、話題はウエストエンドにやってきたジェシカ・ラングの「A Glass Menagerie」(テネシー・ウィリアムス作)。ぶっちぎりの好評価でございます。がしかし、御歳56歳のラングは老けましたなぁ。

f0065083_20322721.jpgなんでも、「歳は手にでる」ということで、マドンナやデミー・ムーアらの「ぱっと見、若そう」なセレブの「手特集」なども雑誌に出ております。やっぱ、食べ物とか気をつけなきゃね。というわけで、Bootsの「SHAPERS」シリーズからWrapのバーベキューチキン登場です。このラップって日本に無いように思うけど、なんでだろう?クレープ生地をもうちょっと厚くしたものに、ローストチキン、赤ピーマン、レタスなどが巻き巻きされております。バーベキューソースが、ケチャップのように甘いのがちょっと残念だけど、まぁまぁいけますわ。290カロリーでお腹が一杯になる、なかなかいいんじゃない?の一品。
[PR]
by decomaxx | 2007-02-18 20:40 | その他小売店

Dog chew stocking

f0065083_2021751.jpgいよいよクリスマスが今週末に迫って参りました。みなさま胃の調子は整えていらっしゃいますでしょうか?私はすでに爆食。そしてゴールドマンサックスの爆ボーナスが話題。Cityのボーナスって桁が違うのですが、その中でもDriss Ben Brahimというトレーダーは、なんと5000万ポンド(約100億円)のボーナスを手にしております。彼は2004年にも3000万ポンド(約60億円)のボーナスを得ているので、資産は一体いくらやら?まだ40代前半よ。
さて現実に戻って、実家の犬にはGood Boy社の「靴下入りガム」をプレゼント。実は今年の8月末に、それまで飼っていた犬が突然死。まだ8歳でとても元気だったので、ショックで家族も悲嘆にくれていたのですが、おばが里親募集中の犬を「飼ってやって」と連れてきたそうで、そのまま飼うことに。今はもうすっかり慣れて可愛いとか。早く会いたいわ。このガムも気に入ってくれるといいなと期待の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-18 20:16 | その他小売店

Hotel Chocolat

f0065083_21193855.jpg雨で鬱陶しいロンドンです。風も強くて傘が壊れて悲しい週明けです。例の暗殺されたロシアのスパイ、リトビネンコ氏の奥様のインタビューがニュースになっておりますが、まさか「プーチンがやりました」とはいえないわね。奥さん、あなたも危なくってよ。気をつけてね!
さて、先週末は「クリスマスショッピングデー」の方が多かったようで、もみの木を抱えて歩く殿方を数多く見かけました。そして、女性は靴屋さんや香水屋さんに群がっておりました。私も、友人へのプレゼントを探してウロウロしておりますと、なんだか素敵なチョコレート屋さんを発見。その名も「Hotel Chocolat」。なんじゃなんじゃなんじゃ?と吸い込まれてみると、あっらー、壁にチョコレートがたくさんかかっていましてよ。


f0065083_21352475.jpgおもしろいわ。普通のチョコレートの底の部分、「Crunky」でいうなら底のパフ部分をカンバスに見立てて、そこにナッツやドライフルーツ、ホワイト、ストロベリー、ダーク、ミルクチョコレートで模様を描いて飾れるようになっております。これアイディアざんすね。私は季節物の「クリスマスツリー」をゲット!サンタ、トナカイ、クリスマスツリーの形のチョコもちゃんとあったわ。

f0065083_21333182.jpgそれにしてもなんと膨大な商品のラインナップ。ううっ、出てこれない!なんかちょっとボディショップに感じが似てなくも無い。マシュマロやビスケットが詰め合わせてあるチョコディップセット、ココア入りバルサミコ酢に、チョコの香りの香水。と、トレイを持ったお姉さんが立ちはだかって「試食はいかが?」と微笑みかけてくる。ラッキー!!いただきます!うーん、フルタのチョコレートの味です。もうちょっとカカオをちょうだいっ!って気もしなくもないけどOK。私が行ったお店は「生チョコ」はおいてなかっったけど、どんなお味かしら?時間が経つのを忘れて見入ってしまい、試食をすすめられると我を忘れて手を伸ばしてしまう夢のような一店。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-11 21:56 | その他小売店

Huevas De Lumpo

f0065083_081480.jpg早いもので今日から10月。今日のロンドンは雷雨と荒れております。日本はいかがでしょうか?ジョナサン・ロスの「Japanorama」を昨夜見ておりましたら、HGと同じハードゲイの衣装を身にまとって満開の桜の下で対談しておりました。妙に似合っていたのが印象的です。ああいうハードゲイって街中では見たことないけど、おかま通りのクラブとかにはいるのでしょうか?想像しただけでドキドキします。あっ、でも私はソフトで綺麗なゲイのファンです。


f0065083_0142080.jpgさて今日はスペイン土産の第3弾というか最終回でございます。一瞬キャビアかと見まがうこの黒いつぶつぶは「Lumpfish」の卵だそう。で、ランプフィッシュって?日本名は「ダンゴウオ」という金魚のような小さな魚ですが、大西洋のものは50cmくらいになるそうで、イミテーションのキャビアはこの魚の卵がほとんどだそう。(やっぱり!)さて、いただきます!こっ、これは「数の子」ですっ!プチプチ具合といい、塩加減といいそっくり。でもちょっとしょっぱすぎかな?多分、スモークサーモンとかクリームチーズの上にちょこっとのせて食べるといいんだと思う。なんか日本酒のあてにもなりそうな懐かしい味の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-10-02 00:23 | その他小売店

ローズマリー入りチーズ

f0065083_1113697.jpgスペインのお土産第2弾ですが、なんかよくわからない写真ですみません。パッケージを撮った写真がまた4次元へいってしまったようです。さて、エメンタールのようなちょっと固めのチーズの側面にローズマリーがびっしり張り付いております。日本ならゴマか青海苔のノリしょうか?

f0065083_1215345.jpgなかなかいい香りがします。ちょっと塩辛いお味ね。ローズマリー部分は苦くてこのままでは食べられないので、ここはカットしてクロワッサンに挟んでみました。うーん、ローズマリーのいい香りが漂います。おいしいけど、ちょっとパンには強すぎるわ。これは料理向きね。というわけで、後日カリフラワーにかけてオーブンで焼いて食べたら、めちゃくちゃおいしゅうございました。おそらくパスタやシチューにいれてもいけるはず。なんでパッケージを捨ててしまったんだろうと、地団駄の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-09-29 01:33 | その他小売店

PAUL

f0065083_18384850.jpg日一日と日が短くなっていくロンドン。もの悲しいです。昨日、ジョナサン・ロスの「Japanorama 」の続きを見ていたら、今回の特集は「制服」でなんと「やくざ」まで取材してたわ!なんかとっても気の良さそうな親分さんがでてきて、「普段はジャージとかの楽な服だけど、今日は決めてきた」とかで、エルメスのジャケットにアルマーニのサングラスに蛇皮のブーツ。もう一つのスーツは蛇皮でニシキヘビ3匹分とか。凄いわ!かくいう私も、先週末はPAULのケーキを大量に消費いたしました!
なんと2日続けて偶然にもPAULのケーキを頂きましたの。しかも2人ともロンドンブリッジ店で購入したとか。最初にいただいたのが写真左の(ちょっと寄っちゃったけど)おいしそうなケーキやマカロンがてんこ盛りのもの。「こんなに食べられませんわ!」といいいながら心の中は嬉しくって狂喜乱舞。「ほら、明日お友達が遊びにくるっていってたじゃない。大丈夫よ」と友達A。「がんばります!」とお返事してありがたく頂戴いたしました。そして翌日遊びにきた友人の手にPAULの袋が。おおっ、おまえもか!はたして10個のケーキを2人で食べ切れるのか?
f0065083_1845149.jpgf0065083_18453714.jpg
私はマカロン2個、ミルフィーユ、チーズケーキとアップルパイを頂きましたが、どれもおいしかった。特にミルフィーユのカスタードの甘さが控えめでよろしい。それとチョコマカロンは甘いのと大きめなので2度に分けて食べたけど、これも中のチョコ部分が濃い味で非常に美味であった。緑色のマカロンは「抹茶」かとおもいきや「マカダミアナッツ」のようであった、これはちょっと苦手かな。しかし、どのケーキも甘さ控えめで日本人の口にあいますね。というわけで、3日で完食したのであった!お二人ともどうもありがとうと感謝の品々。
[PR]
by decomaxx | 2006-09-27 19:01 | その他小売店