カテゴリ:テスコ( 89 )

Snowball

f0065083_2132435.jpg昨日、おとついと冷え込みましたが、今日はまた少し暖かめのロンドンです。そろそろみなさん、ホリデイに入っているようで電車も道も少し空いていますわ。信じられないけど25日は交通は全てストップざんす。ロンドンに観光に来られるかたは気をつけてね。久々にオックスフォードストリートに行ったら、「ビアードパパ」がオープンしてました。まだそんなにお客さんはいなかったわね。こちらでは”Cream Puff"という名前でシュークリームが売られています。お値段は1個£1.3(約260円)。こんなものでしょうか?そして、フォートナム&メイソンの紅茶のパッケージの色が深緑からシルバーに変わっているのを発見。街は移り変わりが早いわね。暖かいけど、クリスマスには雪が降らないかしら?などと思いながら、今回登場は「Snowball」っていう飲み物です。

f0065083_224076.jpgイギリス人からご紹介の、この飲み物はなにやら緑色の小瓶に入っていて、ちょっと日本の「栄養ドリンク」風。ラベルには”Lemonade Advocaat & Lime"としか書いてないので、よくわからないけど、アルコール分3.5%と書いてあるのでお酒が入っているようだわ。グラスにそそぐと、ミルクシェイクのようだわ!泡がたってます!!いただきます!おおっ、エギィー。とっても卵白味で、アルコールの味はしなくって、これはミルクシェイクだわ。おいしいかも、体にいいかも。やっぱ、これは栄養ドリンクねと思わせる意外な一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-21 02:33 | テスコ

Mince puffus

f0065083_3464412.jpgクリスマスまであと1週間だというのに暖房がいらないくらい暖かいロンドンです。今朝、テスコにいったらカートにクリスマスの食材をてんこ盛りにした人がたくさんいたわ。子供たちは好きなお菓子を買っていいようで、熱心に選んでいる姿が微笑ましい。

f0065083_3521296.jpg昨日TVで、大御所シェフのリック・ステインが、イギリスの地方のおいしいものを探して旅する番組が放送されましたが、その中で、とある地方の「プディング・クラブ」がクリスマスプディングの食べ比べをしておりました。各チームに分れてテスコ、セインズベリー、アルディ、M&S,モリソン、地元のパン屋の中からベストを選びます。なんと1位はモリソン!テスコより安い激安スーパーざんす!そしてステインチームが選んだのは「アルディ」。こちらも激安スーパーで、リックの面目丸つぶれでございました。

さて、私が食するのはテスコの「ミンスパフ」。ミンスパイのパフ版ざんす。いただきます!口にパフを近づけると、ミンスミート独特の甘酸っぱい香りが漂ってきます。うーん、甘いけど、パフは軽くてなかなかおいしい。これなら私にも食べられるわ。ミンスミートといいつつ、お肉は使わず、オレンジやレモンの皮、レーズンをスパイスで甘く煮詰めたフィリングが特徴のとってもクリスマスな一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-17 04:02 | テスコ

Lightly salted tortilla chips

f0065083_1141569.jpg今日もなんとはなしに暖かいロンドンです。日本に帰国していた友人から、おみやげに「ゆたぽん」をいただいて感激!TVを見ているときは肩や腰に、そして寝るときは足元を暖めるのに使っていますがサイコー!暖かいわ。おまけに「つま先にくるりと巻きつける」タイプの使い捨てのカイロもいただきました。ほんとうに日本ってなんでもあって凄い!感激!!
さて、今朝は「ダイアナ元妃追悼コンサート」のチケットが発売されましたが、定価45ポンドにもかかわらず、ebayで数百ポンドで売り出されていたとかで、ebay側がダイアナ元妃に敬意を表して販売を禁止したとのこと。がしかし、明日はいよいよカイリの大晦日コンサートのチケット発売!今日はどれだけのゲイの方が眠れぬ夜を過ごすのでしょうか?ドキドキします。

f0065083_12584.jpgさて、今日登場は、これも日本にもあります「トルティーヤ」の薄塩味でございます。たしか、湖池屋の「ドンタコス」というスナックがこれと同じだと思いますこーん、スコーン。ほうばりますと、口の中にとうもろこしのほのかな香りと味が広がります。お塩もかなり控えめです。素朴な味だけどおいしい。サルサやアボカドディップをつける人もいるけど、私は今のままのあなたが好き。最近、これとピーナッツにはまっていまして、どちらも胸焼けがして気持ち悪くなるのに、また、次の日食べてしまうのはなぜ?そんなことを思いながら軽く一袋は食べてしまう魔性の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-14 01:34 | テスコ

Creamy white chocolate

f0065083_21511995.jpg今日は快晴のロンドンです。金曜日は大荒れのお天気で、北ロンドンでは竜巻が起こって屋根を吹き飛ばしたりと大変なことに。被害に遭われた方達はクリスマスを控えてホームレスとなってしまい、とっても気の毒です。その日はヒョウも降ったのですが、私の友人でも顔にヒョウが降りかかって痛い目をした人が続出。私は間一髪、難を逃れましたが、夕立にあってずぶ濡れになりましてよ。

f0065083_21555226.jpgそう、クリスマスはもうそこまで来ていてよ。「これくらいしか楽しみがない」ってくらい街はクリスマス一色。そしてテスコの商品もクリスマスバージョンよ。私はミンスパイとか甘すぎて苦手なので、通常のお菓子売り場へレッツゴー!んっ?なにやら目新しいパッケージのテスコの板チョコシリーズが眼に飛び込んで参りました。んじゃま、大好きなホワイトチョコいってみよう!上から4つめくらいまで手にとってみたけど、どれも割れていたので諦めてその中のひとつをゲット。早速いただきます!おおおーーーーっ、口のなかでとろけてまいうー!!!これ本当にクリーミーだわ。スコーンの間に挟んでレンジでチンしてみたら、とってもおいしゅうございました。テスコってやるなと思わせる驚きの一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-09 22:04 | テスコ

GRAHAM'S Tawny Port 20 years

f0065083_012864.jpg昨夜はレスタースクエアで「The Holiday」のプレミアがあって、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウの3人が勢揃いしたもよう。なんで呼んでくれないのかしらね?昨日は暇だったから時間があったのにさ!!ジュードとシエナはNYでデートしてたらしいけどよりを戻したのでしょうか?そして、セレブレストランの「The IVY」ではコメディアンのリッキー・ジャべイが、テーブルが向かいの位置にあった、たまたま居合わせたなんとかっていうセレブの食べ方があまりにも下品なのに耐えかねて、レストランマネージャーに「席を移動してくれ」と頼んだのが話題になっております。セレブはレスタースクエア近辺に集っていたのね。クイーンは「The Ritz]で80歳のお誕生日パーティだったそう。そうよ、やっぱり12月はなにかと集まりがあるのよ。そして、下戸の私もアルコールをおよばれする機会が増えてまいります。

f0065083_0342818.jpg今回登場は「Tawny Port」でございます。ポートワインといえば、昔、祖母が「赤玉ポートワイン」が好きで飲んでいたのを思い出します。Portという名前はよく聞きますが、それに「Tawny」がつくとどう違うのか?と思って、ちょっと調べてみたら、Tawnyは樽の中で熟成させてから瓶詰めするそうで、このPortは20年樽で寝かせてから瓶詰めされて世の中にでてきたってわけね。小さなグラスについでみると、なんとも綺麗なえんじ色のポートが現れてまいりました。普通のポートより少し色が薄い感じよ。いただきます!うーん、甘い口当たりのいい味がしたあと、しばらく口に含んでいるとアルコールがジュワーッと舌の上に広がります。結構、きついかも。アルコール度20%だわ。それにしてもいい香りと、口当たりのよさに飲めないのも忘れて堪能してしまいフラフラになる危険な一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-07 00:52 | テスコ

Sardines in brine

f0065083_4475922.jpg今日は寒さが戻ったロンドンですが、昨日までは暖かくて夜でもコートがいらないくらい。どうなってるんでしょうか?謎といえば、例のロシアのスパイ殺人事件。なんでもリトビネンコ氏はイタリア人の教授を暗殺しようとしていたダブル暗殺事件説がでてきて、まるで小説のようでございます。

f0065083_4524827.jpgというわけでもありませぬが、今回はWサーディンの登場。というか、テスコとセインズベリーのこのデザインの違い!すっきりとした写真を使ったデザインで中味がすぐにわかるテスコにたいして、目がヘロヘロになる「君はファンキーサーフィンサーディン」、唐草模様ちっくのセインズベリーのパッケージはポルトガルを意識しすぎてフランシスコ・ザビエル状態。

f0065083_531655.jpgそんなことに思いを巡らせながら作ってみたのは「いわしの生姜煮」。この缶詰はサーディンを薄い塩水に漬けてあるので、このまま鍋にあけて、きざみ生姜、みりん、お醤油、お砂糖とお塩を入れて煮るだけ。仕上げにきざみ葱をかけていただきます。柔らかいいわしの身と甘辛の出汁がとってもいいハーモニーをかもし出します。ご飯がすすむ、ススム、すすむ!満足であった。このように和食に変身させて食べるとはテスコもセインズベリーも思っていなかっただろうと、ほくそえんでしまう一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-12-04 05:13 | テスコ

Deep fill red pepper,goats' cheese & red pesto quiche

f0065083_1820102.jpgここんとこちょっと暖かいロンドンです。日本はいかがでしょうか?こちらは毒殺された元KGBのスパイの話題でもちきり。こんなことが実際に起こるなんて007も真っ青ね。毒を盛られたのは”Itsu"っていう元”Pret a mange"のダイレクターがオーナーの寿司レストランじゃないかともっぱらの噂。寿司ネタにあたったってことはないのかしら?さて、私はといえば「茶碗蒸しみたい」と思ったテスコのキッシュになぜかハマってしまいましたの。やはり舌は日本食を求めているのね、と実感。

f0065083_1832822.jpg今回は赤ピーマンとゴートチーズに赤ペースト味。表面にのっかっているゴートチーズが一瞬パイケーキのように思わせます。オーブンで焼いているといい香りが漂ってきます。さて、いただきます!おおっ、おいしい!食感は相変わらず「茶碗蒸し」ですが、これはチーズの味がしっかりしているし、そこにトマトの酸味が加わってとってもいい感じ。ここに茄子のテイストがあったらもっといいかも。いままで食べたなかではこれが一番好きだわ。茶碗蒸しからはじまってやっとキッシュに辿り着いたなと感慨の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-11-24 18:45 | テスコ

Oil Sardines in sunflower oil

f0065083_4591952.jpg今夜は宝くじの抽選!と、胸をわくわくさせた1週間ですが、昨日のクリムトの絵が1枚約100億円で落札されたってのにくりびつ。電卓を叩くにも桁が多すぎて訳がわからなくなる始末。そして、同じくクリスティーズNYでカリフォルニア産のカルトワイン「SCREAMING EAGLE」が1993-2003年の各年代で6本、計60本でなんと$176,250 (約1850万円、1本約31万円)で落札されたとか。世の中ってどうなっているのでしょうか?

f0065083_5234254.jpgそして「明日の億万長者」を夢見る私は、つつましくオイルサーディンを食べていますの。今回登場は、この前アンチョビと勘違いしたテスコの「ヒマワリ油漬けサーディン」でございます。(こっちってツナ(シーチキン)もひまわり油につけてあったように思うわ)さて、このテスコのサーディンシリーズは他にトマトソースと水煮がありますが、他のメーカーのものにはガーリック漬けなどもあったような気がします。


f0065083_5281846.jpgTomoneさんに教えていただいた「キャベツのアンチョビ焼き」を作ろうかと思ったのですが、お腹がすいていたのでサンドイッチに。パンの上にサーディン、トマトとパセリをのせて塩胡椒をパラパラ。オーブンにいれて焼きます。出来上がりにバルサミコ酢をパッパとかけていただくと臭みが消えておいしゅうございます。なんとなく日本食のような味もして和むわ。いわしはOmega3をたっぷり含んで体にいいし、今度はキャベツ焼きにして食べたいと満足の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-11-11 05:33 | テスコ

Tetley decafe

f0065083_338694.jpg日が短くなるとどうしても家にこもり気味。そしてTVをずーっと見てしまう。昨夜BBCでオートクチュールと顧客を扱った番組を見たけど、どうやら「クラブメンバー」というのがあって、そこには世界のビリオネラーが名を連らねていて、パリコレがはじまると徒党を組んで観に行くの。そしてショーが終わると舞台を横切って楽屋にいってデザイナーとおしゃべりよ。カール・ラガフェルドが特に人気だそうだけど、カールが一人で喋りまくるさまは「おばさん」で、なんかエルトン・ジョンとかぶるわ、私。はー、でも別世界。宝くじ、当てなきゃ!そうそう、TVを見ているとお茶も進むけど、カフェインのとりすぎは頭痛の素なのでデカフェを用意。あんまり渋みはでないけど、「たくさん飲むときにはこのくらいがいいのよね」と、体をいたわっているような気がする一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-11-08 03:45 | テスコ

SAXA Rock Salt

f0065083_4401997.jpg日本は文化の日でおやすみでしょうか?たしか文化の日って晴れる確率が高いのよね。こちらロンドンもここのところ晴れているけれど寒い。でも明日の夜は花火を観に行くわよ!5日のガイ・フォークスデイを記念して毎年11月の最初の土曜日に花火をあげるのだけど、すでにうちの近所では2週間くらい前からパンパンあがってます。さて今日登場は「ロックソルト」。別にどうってことはないんだけど、先日友達と喋っていて「挽くタイプのシーソルト使ってる?あれ、おいしいよね。」と訊かれて「もちろん!」と答えたあとで、もう一度ラベルを見たら「ロックソルト」でびっくり!今の今まで気づかなかったのはなぜ?しかもフランス製とまで思い込んでいたのにドイツ製だったわ!こんな綺麗なブルーのラベルにしないで、茶色とか岩肌の写真をプリントしてよ!と、一人小っ恥ずかしくなったしょっぱい思い出の一品。
[PR]
by decomaxx | 2006-11-04 04:50 | テスコ