Crufts dog show by Pedigree

f0065083_47931.jpg今年も英国最大のドッグショー「Crufts」が開催されました。1891年にCrufts氏が始めたこのドッグショーも今やぺディグリーがスポンサーとなり華やかな犬の祭典となっております。


f0065083_4101944.jpgバーミンガムで行われたこのショーには32カ国から約22,000頭が参加よ。日本からもミニチュアダックス(だったと思う)が参加していたわ。主催者側は「13時間の長旅にもめげず参加してくれたことを光栄に思う」とコメント。さて、優勝はこちらのCaitland Isle Take a Chance 君。なんという長い名前。カリフォルニアからやってきた5歳のオーストラリアンシェパードです。ええっ、シェパード?私、ずーっと「シープドッグ」だと思っておりました。シェルティにそっくりじゃん!


f0065083_422516.jpg犬の美を競うだけではなく、団体競技なども行われます。これは人間でいうと障害物競走か。もの凄いスピードで走り、飛んでおります。一生懸命な姿に感激。ボーダーコリーってかしこいのね。ふっと心に実家の駄犬がよぎる。同じコリーの種類でどうしてこんなにもデキがちがうのか。悲しくなるわ。ぺディグリーじゃないとだめなのかしら?と購買意欲をくすぐられる。来年も楽しみだわ。

f0065083_4212470.jpgf0065083_4221573.jpg
[PR]
by decomaxx | 2006-03-16 04:30 | その他
<< McDougalls Plai... Creme egg minis >>